So-net無料ブログ作成

子どもたちに生きる力を! [100kmスタッフ]

皆様こんにちは!
第9回カシオペア100㎞徒歩の旅で、歩行班団長補佐を務めさせていただきました、学生スタッフのかりんとうこと吉田花梨です。

今回の旅も、タイトルの通り子どもたちに生きる力を!ということを念頭に、学生スタッフ一同協力しながら5日間旅をしてきました。

まず、参加者のみんなさん。5日間よく頑張りました!1日目以外ほぼずっと雨の日で、雨に叩かれながら、風に吹かれながら、
くつがぐしょぐしょになりながら歩きましたね。歩行中もコールをしたり、横断のときは走ったり、とても疲れたと思います。
休けいの時もトイレが混んでゆっくり休めなかったり、手話歌の練習をしたり、旅立ちの会の出し物を練習したり、時間管理をしたり、整理整頓をしたり、
普段の生活ではあり得ない、できない経験をたくさんぎゅっと詰め込んだ5日間だったと思いま
す。でも、今回の最後の歩調コールは、今までで一番みんなの気持ちがそろったコールだったと思います。あなたたちの声で心が動かされました。5日間の中で、
学生スタッフに怒られて泣いてしまった人もたくさんいると思います。でも、その学生スタッフ、特にリーダー、サブリーダーも、
みんなが寝た後のミーティングで泣きながら、なんとかあなたたちを変えたい、どうにか
成長させたいと思って必死に話し合いをしていました。厳しいこともたくさん言ったけど、これからも私たちはみんなの成長を心から願っています。

保護者の皆様、今回の旅にお子様を送り出してくださり誠にありがとうございました。この5日間で子どもたちはたくさんの経験を積んできました。100㎞という道のりを歩ききること、雨の中歩くこと、初めて出会う子と一緒に生活すること、自分たちで考えて行動すること、時にはぶつかり合うこともありました。ここでしかできない経験を積んだ子どもたちがどんなことを感じ、何を考えたのか、ぜひ、ご家庭で聞いていただきたいです。きっと聞けば聞くほど子どもたちの口から思いが溢れてくると思います。今回、安全に旅を運営することができたのも、保護者の方が共に事前準備として健康状態確認票の記入や歩く練習、荷物準備等を行ってくださったからです。本当にありがとうございました。

今回中学生スタッフとして参加してくれた皆さんにも心から感謝しています。3年前は1人だった中学生スタッフが、今年は6人!いや、もう一人増えて7人も!小学6年生で100㎞は終わり…ではなく、中学生になってもこうして100㎞に関わってくれる皆さんがいると思うと、私たちも続けてよかったなと思います。中学生スタッフとして参加して学んだことを忘れずに、これからに活かしていってほしいです。5日間本当にありがとう!

そして、平野団長、國分副団長、君さん、JCの方々、市役所の方々、社会人スタッフの方々、宿泊地、休憩地を貸してくださったみなさま、差し入れをくださった方々、沿道で応援してくださった方々、警備員さん、様々な方の支えでこの旅は成り立っていることに気付かされました。今年も、学生の至らない部分を支え、ご指摘くださり誠にありがとうございました。これからもたくさんご迷惑おかけするかもしれませんが、支えてくださった皆様に感謝し、第10回に向けて前進していきます!


学生スタッフ
歩行班団長補佐
吉田花梨(かりんとう)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。