So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

感謝。 [100kmスタッフ]

皆さんこんにちは!
学生スタッフのピノこと森安尋です。私は第10回カシオペア100キロ徒歩の旅で、生活・記録班を務めさせていただきました。私は今回がはじめての参加でしたが、ひとが生きていくことについて、深く考えさせられる貴重な経験となりました。


小学生の皆さん、
5日間の旅、お疲れ様でした。全員でゴールできましたね!
旅を終えてから、3日が過ぎました。1日目のお昼を用意してくださった、いつも側で支えてくれている保護者の方には、しっかりと感謝を伝えることができましたか?まだ、できていない人は、今、伝えましょう。できている人は、その感謝の心をこれからもずっと持ち続けていてください。
ピノは、みんなと直接関わることは少なかったけれど、ビデオを撮りながら、みんなのいろんな表情を見てきました。歩いているときの表情には、やっぱり辛い表情が多かったのかな。足が痛い、もう疲れた、学生スタッフにも厳しいことを言われた....。それでも、みんなの顔つきが変わっていく姿、辛くても一生懸命に声を出して仲間を支えようとする顔つきには、23人みんなの素晴らしい力を感じました。綱領にあるように、皆さんには、はてしない可能性があります。100キロ完歩できたことをきっかけに、これからもいろんなことに挑戦して、大きく成長していってください。
最後に、勇気を持ってこの旅に参加してくれて本当にありがとう。楽しみな気持ちもあれば、不安な気持ちや怖い気持ちもたくさんあったと思います。けれど、みんなのその勇気があれば、これからもどんな壁にも乗り越えられることを、みんなはもう知っていますよね。全員の完歩、感動を本当にありがとうございました。


保護者の皆様、
この度は皆様の大切なお子様を、私たちに預けてくださり、本当に有難うございました。保護者の皆様も、たくさんの不安があったと思います。それでもお子様をこの5日間の旅に送り出されたその決意には、お子様への多大なる愛情を感じました。旅を終えたお子様からは、なにか変化を感じることはありましたか。一皮むけた顔つきだけでなく、私生活の面でもなにか感じてもらえたら嬉しく思います。これからお子様から思い悩むことがあったときには、ぜひ100キロ徒歩の旅での話を引っ張りだしてみてください。今回の旅をひとつの糧とし、お子様がさらなる成長していくことを願っています。
素晴らしい力をみせてくれた23人の子どもたちに出会えたことに心より感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。


中高生スタッフの皆さん、
生活班としての職務を手伝ってくださったこと、本当に感謝しています。指示だしたことだけでなく、自ら考えて行動をとってくれたこと皆さんの力には助けられました。また、事業の先輩である皆さが、中高生になっても参加を続けられていることに、10年続いているこの事業の伝統を感じました。
5日間の旅を支えてくださり、本当にありがとうございました。


最後となりますが、平野団長、國分副団長、君さんをはじめとした社会人スタッフの方々、JCの方々、市役所の方々、施設をお貸しくださった方々、声援を送ってくださった方々、警備員さんたち、本当に多くの人びとの支えがあってはじめて成り立つことのできた5日間の旅だと実感しました。本当にありがとうございました。



学生スタッフ
生活・記録班
森安尋(ぴの)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。